2005年09月

2005年09月29日

間取りを考える

間取りを考えることは、部屋数と広さを決めるという単純な作業ではありません。
わかりきっている事ですが、間取りとは建物全体のプランニングです。
また間取りがその家族の生活を規定してしまいます。

間取りを考える時はお施主さん家族の生活をイメージし、あれこれ思いを膨らませながら鉛筆を走らせます。
もちろん、敷地条件や予算を念頭に置くことは言うまでもありません。 
ですから、私の場合は、まず、お施主さんやご家族と顔を合わせ、家を建てる理由や動機、ライフスタイルを把握してからでないとプランニングを始められません。
中にはあらかじめご自身で作られた間取りを方眼紙に書いて持参してこられる方もいます。
「間取りを考える=設計」だと思い込んでいる方がとても多いのも現状。
ですが、あくまでもそれは参考レベルに留めておくようにしています。

なぜならば、要求された部屋数や広さを具体化することではなく、「ライフスタイルを設計すること=間取り」と考えるからです。
だからどんな間取りが必要かをお客様に聞くのではなく、どんなライフスタイルを送りたいのかを聞くことにしています。
そうでないと聞かれたお客様も「12畳のリビングに6畳の洋室が2つ・・・」とかしか答えにくい。

私たち設計のプロは、お客様への質問の仕方も考えなければいけませんね。
じゃないと方眼紙に間取りを考えて書いてくることが、家づくりだと思い込む方があとを絶たない気がします。

人気ブログランキング→今日の順位は?

nobu347 at 19:46|PermalinkComments(2)TrackBack(2)家づくりのポリシー | 家づくりのポリシー