2005年11月

2005年11月25日

ヒノキ風呂

自宅兼モデルの住まい造りの話し。
IHとエコ給湯を諦めたのでその浮いた予算で檜風呂を作りました。

自然素材と健康住宅をうりにした家造りをして来ましたが浴室とキッチンは予算や機能の点から既製品を使っていました。
以前からユニットバスの扉を開けると化成品独特の匂いが鼻について気になっていましたので、予算がある場合は浴室も作り付けにし、壁や天井をヒバで仕上げ好評でした。しかし、浴槽は「手入れが大変でしょう?」というお施主さんの不安を説得できず、無難な人大やホーローを使っていました。

一度は檜の浴槽を使ってみたいと思っていたので、使い勝手や手入れの実験を兼ね我が家をヒノキ風呂にしました。
とは言っても、限られた予算の工事です。古代檜などの高級浴槽?は使うことができません。ネットで検索。足を伸ばして入りたいので長めの浴槽を探したら、値段も頃合の物がありました。幸い現物が見られたので即購入。
如何に予算を掛けないで見栄えよく造るかが仕事なので、あれこれ知恵を出しました。
浴槽は床に埋め込まず、ブロックの架台に乗せる置浴槽とし、床も同様に大引きを渡しスノコで仕上げます。この納まりであれば床下は土間コンクリートに水勾配を付け、トラップ付きの排水枡を埋けるだけなので簡単にできます。床がスノコで水がたまらないので脱衣所と段差の無いバリアフリーの納まりにもなります。何よりも床下の懐が取れるので換気も良くメンテもし易そうです。

ちなみに、壁と天井はさわら材、いつものヒバは予算オーバーで見送り。スノコはデッキに使うレッドシダーも検討しましたが色味が合わないのでちょっと高いがヒノキ材に。
そんなチエと予算を絞った浴室が本日完成。見栄えは○・・・。してやったりと、我が事ながらご満悦な一日でした。まだ水道は繋げていないので使い心地は?ですが。

人気ブログランキング→今日の順位は?

nobu347 at 21:25|PermalinkComments(3)TrackBack(0)家づくりのポリシー