2011年09月

2011年09月28日

子供の目線

こんにちは、喜和子です。

今朝は冷え込みましたね。
気が付くと長男が布団からはみ出し
一緒に寝ていた主人だけが布団にくるまっていました。
長男を「こっちへおいで」と抱き寄せると
「もぉ〜仕方ないなぁ〜」とニコニコしながら
わざわざ10カ月の娘と私の間に入って寝ました。
ちょっと心がほっこりしました。

さて、連休はみなさんいかが過ごされましたか?
私はお弁当を持って埼玉の杉戸にあるアグリパークへ行ったり
水元公園へ行き、自然とたくさん触れ合ってきました。

長男はボール遊びをしたり、広場を走ったり、遊具で遊んだりと
体をめいっぱい動かしたり、蛙やバッタ、カモや、うさぎ、豚などの
動物を見て自然とも触れ合う事ができました。
蛙が緑だけじゃなく茶色いのもいること、カメが足をばたばたさせて泳ぐ事、
いろんな事を発見し、成長出来たように思います。
 最初は蛙を触るのが怖かったのですがそばにいた小学生くらいのお兄ちゃんが、
長男に蛙の捕まえ方を教えているのを見て、捕まえてみました。
捕まえた蛙をまじまじと見つめていた長男。
私も少し子供時代に戻ったようなそんな感覚でした。

長女はまだ何を見ても珍しいようで葉っぱを触ってはじぃーっと観察して
すかしてみたり、高くあげてみたり、楽しんでいました。

空を見上げ、鰯雲をみて、自分の靴の裏とおんなじーとわざわざ
靴の裏を見せてくれたり、いろんな事を発見したようです。

小さい目線でいろんなものを見るのは大人の私も楽しく貴重な時間を過ごせました。

これからも、もっとわからないということを楽しんでもらえたらいいなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

人気blogランキングへ、ご協力お願いします。


nobu347 at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)