2016年05月19日

自然の力を利用した涼のとり方

こんにちは。
バウハウスの天野です。

5月も半ばを迎え暑くなってきましたね。

今の時期は窓を開けて過ごしていると風が抜けて心地よく過ごせますが
真夏になるとそうも言ってはいられなくなりますね。

エアコンの風が苦手で・・・といった方も多くいらっしゃると思いますが
そんな方は自然の力を利用した涼のとり方を考えてみてはいかがでしょうか?

バウハウス貝塚モデルでは庭に「森」を作って自然の力を上手に利用して生活しています。

日蔭、蒸散作用、風に揺れる葉・・・・。

庭に植えた木々たちが屋根を覆うように葉を広げると日蔭効果が生まれ
家を太陽の陽ざしから守ってくれます。
木々がからの水蒸気が風に吹かれて心地よく私たちの体に届きます。
ただ、風が抜けるだけではありません。
日蔭の中を通る風は熱風と違い、熱すぎず、冷たすぎず・・・。

庇を深くとる理由はこんなところにもあるのです。
風雨から外壁を守るため、真夏は涼をとるため。

様々な工夫がされているバウハウスの住まいを皆さんもご是非見学ください。


6月4,5日には千葉県と茨城県にて完成見学会を開催いたします。
ご見学希望の方はご遠慮なくお問い合わせください。

・千葉県船橋市  3世代が楽しく快適に暮らす住まい
・茨城県石岡市  スローライフを楽しむ

開催予定となっております。
詳細はバウハウスホームページまで。



nobu347 at 13:09│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字